メニュー
メニュー
ホーム
日本語

VPNとは?どんな時に必要なのか?

最近ではVPN(英:Virtual private network、ヴァーチャル・プライベート・ネットワーク)が大流行していますが、VPNが一番最初につくられたきっかけは今の応用とは異なっています。 もともと、インターネットを介してビジネスネットワークを安全に接続する方法、またはユーザーが自宅からビジネスネットワークにアクセスできるようにする方法として考案されました。 当時は、ユーザーのプライバシーはVPNの主な用途ではありませんでした。 しかし現在は、常に存在する個人情報追跡やアグレッシブなマーケティング等が強まる世の中なので、セキュリティやプライバシー保護の必要性も高まっており、AdGuard VPN の出番となります。AdGuard VPN は、お使いのデバイスとインターネット上のサーバーの間に暗号化されたセキュアなトンネルを作成し、不要なウェブサイトもブロックします。
お使いのインターネットプロバイダー
あなた
訪問したいウェブサイト
AdGuard VPN

AdGuard VPN をダウンロード

Windows、Mac、iOS、Android という一般的なオペレーティングシステム用のアプリをご用意しています。また、ブラウザ拡張機能を使用されたい場合は、Chrome、Firefox、Opera、Edge用の AdGuard VPN 拡張機能をインストールしてください。

AdGuard VPN
for Windows

どんなブラウザやアプリを使っても、もう匿名性について心配することはありません。AdGuard VPNを使えば、世界中への“どこでもドア”が開きます。
詳細
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Mac

たった2回のクリックで65+ヶ所以上の世界中ロケーションのいずれに接続でき、あなたの個人情報は企業や政府の詮索から安全に隠されます。
詳細
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for iOS

どこへでも持ち歩ける、最強のオンライン保護。AdGuard VPNを使用すると、お気に入りの映画や番組を楽しみながら、公共Wi-Fiでも個人情報が安全に!
詳細
App Store
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Android

どこにいてもAdGuard VPNでオンライン匿名性を保てます!数十カ所のロケーション、高速で安定性抜群の接続、すべてがポケットの中に。
詳細
Google Play
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Chrome

位置情報を隠して世界のあらゆる場所に“移動”し、制限なく世界中のコンテンツにアクセスし、ウェブ上で匿名になることができます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Edge

ワンクリックで別の場所に移動したり、IPアドレスを隠したり、安全で匿名にウェブを閲覧したりできます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Firefox

プライバシー保護、居場所の隠蔽、VPNが必要なWebサイトと不要なWebサイトの設定などが可能です。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Opera

Operaブラウザで世界のどこにでも素早くアクセスして、個人情報を守れます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

VPNを使う理由

  • オンラインセキュリティを強化

    誰にも自分の位置情報を追跡させず、お使いのコンピュータに関する情報を取得させないようにしましょう。詐欺師や位置情報に基づくターゲット広告におさらば。
  • オンラインプライバシーを保護

    データの暗号化とマスクされたIPアドレスのおかげで、怪しいWi-Fiホットスポットでによる盗み見を防止して、 データと個人情報を保護 できます。
  • 動画配信・ストリーミングを安全に使用

    海外旅行中にもお気に入りの国内番組や映画を視聴したり、他の国で何が話題になっているかをチェックしたりできます。
  • 広告を減らす

    位置情報に基づいたターゲット広告を減らせます。AdGuard 広告ブロッカーを使用しますと、広告をさらになくせます。
  • IPアドレスを隠せる

    VPNを使って 本当のIPアドレスを隠して 、匿名性を保ち、通信を暗号化し、データを保護できます。
  • 個人情報を守る

    たとえインターネットプロバイダがBitTorrentを嫌っていても、ログに記録されることなくトレントを利用できます。※ただし、合法的に使ってください。

VPN に関するおもしろ情報

VPNはなんと、インターネットよりも前から存在しています。電話の時代、企業はVPNを使って企業内の電話網を一つのネットワークに接続し、従業員があたかも同じ場所にいるかのように通話できるようにしていました。
当初、VPN技術は、従業員が安全に通信し、機密情報を共有できるようにするために、大規模な組織でのみ使用されていました。

VPN の仕組み

VPNはセキュアなVPNトンネルを立ち上げるために暗号化を使います。

VPN技術は、データ暗号化アルゴリズムを使用して、お使いのデバイス(ポイントA)から宛先サーバー(ポイントB)までのセキュアなトンネルを立ち上げます。例えば、AdGuard VPN をお使いのデバイスで有効にし、YouTubeにアクセスしたいとします:
デバイスと、VPNプロバイダーである AdGuard VPN のVPNサーバーとの間で、暗号化された接続を確立します。
インターネットトラフィックは暗号化され、確立された VPN トンネルを経由して VPN サーバーにルーティングされます。
VPNサーバーは、トランスポート層とVPN層においてあなたの情報を部分的に復号化します。ユーザー認証情報、Cookie、支払い情報、視聴した動画などのデータは、TLS暗号化によりプロトコル層で暗号化されたままとなり、VPNプロバイダーには知られません。
VPNサーバーはYouTubeサーバーに接続し、ブラウザまたはYouTubeアプリからのリクエストを転送します。
YouTubeサーバーはVPNサーバーにデータを返信します。
VPNサーバーはTLSで暗号化されたトラフィックを受信し、VPN暗号化層を追加して、あなたのデバイスに送信します。
あなたのデバイスは、暗号化されたトラフィックを受信し、復号化し、リクエストを発信元ブラウザまたはYouTubeアプリに転送します。
一言で言えば、VPN技術を使って、自分と違うIPアドレス、場所、およびその他の関連データを持つリモートVPNサーバーを介してトラフィックをルーティングすることにより、オンラインアイデンティティを隠すことができます。また、トラフィックを暗号化することで、さらに保護層が追加されます。
ISP(インターネットプロバイダ)、広告主、政府機関、ハッカー、その他の第三者は、あなたのデバイスとVPNサーバー間のトラフィックを監視しようとする可能性があります。VPNは、あなたのトラフィックが暗号化され、監視者が暗号化されたデータストリームから有用な情報を引き出すことができないことを保証します。※たとえIPアドレスが隠されていても、クッキーやデバイスのフィンガープリンティングによってオンライン上のアクティビティが追跡される可能性があることにご注意ください。

VPNプロトコルとそれらの種類

VPNプロトコルは、認証プロトコルやトランスポートプロトコル、暗号化方式を許可するルールセットです。VPNプロトコルは、あなたとVPNサーバー間の接続の確立方法も決定します。VPNプロトコルは、速度、セキュリティ、対応ネットワーク、プラットフォームなどによって、様々なものがあります。
以下では、最も人気のあるVPNプロトコルを見て、それぞれの長所と短所を説明いたします。

IPsec

インターネット・プロトコル・セキュリティ(IPsec)は、の2つのエージェント間(ホスト間(host-to-host)、セキュリティ・ゲートウェイ間(ネットワーク間 = network-to-network)、またはホストとゲートウェイ間)で認証、暗号化、相互認証を確立するセキュアなネットワーク・プロトコルです。このプロトコルは、以下の機能を通じてインターネット・トラフィックのセキュリティを提供します:
機密性:送信者と受信者のみが暗号化されていないデータにアクセスできる。
整合性:データ・パケットには対応するハッシュ値があり、データが変更されるとハッシュ値も変更される。送新側と受信側は各データ・パケットのハッシュ値を計算することで、データが本物であることを確認できる。
アンチリプライ:重複パケットの送信を避けるため、IPsecはシーケンスデータを使用する。ハッカーがパケットをキャプチャしても、再度送信することはできない。
認証:送信者と受信者の両方が認証されるので、データが意図した相手に届いていることを保証できる。

OpenVPN (TCPおよびUDP)

OpenVPNは、最も人気のあるフリープロトコルのひとつです。デフォルトでは、UDPトランスポートを使用します。すべてのネットワークパケットはUDPデータグラムにカプセル化され、VPNサーバーに送られます。ただし、UDPトラフィックはパブリックネットワークで制限されることがよくあります。これを回避するために、サーバー側でいくつかの設定を追加することで、TCPカプセル化を使用することができます。多くのユーザーは、このプロトコルの設定の柔軟性と異なるプラットフォームとの互換性を高く評価しています。一方、このプロトコルを使用するには、ある程度の技術的知識が必要です。

PPTP

Point-to-Point Tunneling Protocol (PPTP)は、Windows 95用にリリースされた同類ツールの中で最初のものの1つです。現在では時代遅れで、プロトコル脆弱性があり、ハッキングされやすいため、あまり使われていません。

L2TP

レイヤ2トンネリングプロトコル(L2TP)は、PPTPの拡張であり、VPNをサポートするため、またはISPサービス提供の一部として使用されます。このプロトコルは制御メッセージのみを暗号化し、コンテンツは暗号化しません。このプロトコルは、データリンクレイヤー(OSIネットワーク通信モデルのレイヤー2)において、IPsecなどのネットワークレイヤー暗号化プロトコルで伝送できるトンネルを確立します。

WireGuard

Jason A. Donenfeld のプロトコルであるWireGuardは、コードベースが軽量なため、接続速度が速いです。使いやすく、クリーンなデザインと最新の楕円曲線暗号(elliptic-curve cryptography)のおかげで高いセキュリティ性を提供。ただし、TCPをサポートしていないため、UDPトラフィックをブロックしているネットワークでは動作しない可能性があります。また、IPsecとは異なり、消費者向けオペレーティング・システムではネイティブにサポートされていないため、このプロトコルを使用するには特別なアプリをダウンロードする必要があります。

SSTP

Secure Socket Tunneling プロトコル(SSTP)は、MicrosoftがWindowsベースのデバイス用に開発したものです。Microsoft Azureを使用する場合は、TLS 1.2をサポートしSSTPを搭載しているWindows 8.1以降が必要になります。プロプライエタリなTLSベースプロトコルとして、SSTPはファイアウォールを通り抜けることができます(ほとんどのファイアウォールはアウトバウンドTCPポート443をオープンにしているため)。SSTPはトランスポート層において保護されたSSL/TLSチャネル上でPPPトラフィックを伝送するメカニズムを提供します。

プロプライエタリ(独自開発の)プロトコル

上述したプロトコルや関連ソフトウェアの主な目的は、組織内にプライベートネットワークを提供することです。これらはファイアウォールやポートブロッキングを回避したり、クライアントがVPNを使用していることを隠したりするようには設計されていません。さらに、商用ソフトウェア内での使用は、ライセンス上で制限される場合があります。
そのため、大規模なパブリックVPNサービスプロバイダーは、独自のVPNプロトコルを開発したりすることが多いです。例としては、ExpressVPNの「LightWay」、Hotspot Shieldの「Hydra」、そしてAdGuard独自開発の「AdGuard VPN プロトコル」などがあります。
中でも AdGuard VPN プロトコルは、高速ながらもエネルギー効率に優れ、通常のHTTPSトラフィックと見分けがつかないように設計されています。

VPNが必要な理由は?

デジタル化がますます進む今、あなたのオンライン上の行動は常に監視されています。自宅の住所が郵便物を配達するために使われるように、あなたのIPアドレスはインターネットトラフィックの送信先を決定したり、特定の検索クエリやウェブサイト訪問の発信元を追跡するために使われます。つまり、政府、ハッカー、企業やその他の第三者はIPアドレスを使ってあなたを見つけることができるのです。また、ウェブサイトによっては、特定の場所・地域からのアクセスをブロックしている場合などもあります。
これに対して、VPNはどのように役立つのか?バーチャル・プライベート・ネットワーク(VPN)は、専用サーバーへのセキュアな接続を通じてすべてのデータをプロキシすることで、あなたの本当のIPアドレスを隠すことができます。
VPNを使うメリットの例は以下の通りです:
公衆無線LAN(フリーWi-Fi)などを安全に利用できます。公衆Wi-Fiネットワーク、特にパスワードで保護されていないネットワークを使用すると、セキュリティ面では非常に脆弱な立場になります。あなたのトラフィックはデータマイニングの格好の標的になり、インターネットで通信している情報は不正に盗み見られやすくなります。VPNは、トラフィックとDNSリクエストをすべて暗号化することにより、これを防止します。
インターネットプロバイダー(ISP)からあなたのオンライン活動・行動を隠すことができます。ISPは、あなたがどのウェブサイトを訪問し、そこで何をしたかを追跡することができます。あなたの訪問やクリック情報はすべて保存され、広告会社に売られたり、諜報機関に提供されたりする可能性があります。VPNを使えば、あなたの閲覧履歴はインターネットプロバイダから隠されます。
地域別価格設定を避けることができます。オンライン小売業者の中には、ユーザーの所在地に基づいて価格を設定しているところがあります。例えば、同じシャツがインドでは20ドルで、アメリカでは30ドルしたりすることもあります。別の国のIPアドレスからサイトを訪問することで、お金を節約することができたりします。
別の国にいるときでも、国内の好きなテレビ番組を見ることができます。IPアドレスはトラフィックがどこから来ているかを示すため、サイトの管理者は特定の国からのアクセスを簡単にブロックすることができます。VPNを使えば、自分のデバイスが国内にあるかのように見せかけ、国内コンテンツにアクセスすることができるようになります。

VPN を利用するメリットとデメリット

メリット

個人情報が暗号化されるため、あらゆる脅威を回避し、安全にインターネットを利用することができます。
多くのVPNプロバイダーは、制限付きの無料版・試用版等のVPNを提供しています。
VPNの使い方は簡単です。アプリをダウンロードしてログインし、好きなサーバー(国・都市)を選んでトンネリングをオンにするだけです。
地域制限のあるコンテンツにアクセスできるようになります。
あなたの個人情報・データはインターネットプロバイダや政府の監視から保護されます。

デメリット

個人情報が暗号化されるため、あらゆる脅威を回避し、安全にインターネットを利用することができます。
多くのVPNプロバイダーは、制限付きの無料版・試用版等のVPNを提供しています。
VPNの使い方は簡単です。アプリをダウンロードしてログインし、好きなサーバー(国・都市)を選んでトンネリングをオンにするだけです。
地域制限のあるコンテンツにアクセスできるようになります。
あなたの個人情報・データはインターネットプロバイダや政府の監視から保護されます。

VPNの種類

知っておきたいVPNの主なタイプは2つあります。

商用VPN

このようなVPNは、あなたのデバイスからリモートサーバーへの安全なトンネルを立ち上げ、あなたのインターネットトラフィックを経由する商用VPNサービスです。あなたの本当のIPアドレスと本当の居場所を隠すことができます。

企業用VPN

これは、組織内のさまざまな場所を接続する内部ネットワークです。これらのVPNを使用することで、転送中にデータが盗まれたり危険にさらされたりすることなく、世界中のどこからでも職場・オフィスの内部リソースに安全に接続・アクセスすることができます。企業ネットワークへの第三者の侵入の可能性も低減します。

VPNの選び方

最近では多くのVPNプロバイダーがあり、適切なプロバイダーを見つけるのが難しくなっています。以下に、考慮すべきいくつかの重要な基準を示します:
サーバーとロケーションの数。VPNサーバーがあなたの近くにあればあるほど、トンネリングがあなたのインターネット速度に与える影響は少なくなります。また、特定の国や場所にVPNサーバーが必要な場合もあり、VPNプロバイダーがそれを提供しているかどうかも重要になります。
共有IPアドレスとプライベートIPアドレス。共有IPアドレスは、IPアドレスに基づいた追跡を困難にします。しかし、共有IPアドレスは、同時に多くのユーザーによって同じものが使用されるため、匿名IPアドレスのリストに含まれたり、政府のファイアウォールによってブロックされる可能性も高くなります。
ログに関するポリシー。ノーログポリシーがあるプロバイダーは、あなたのオンライン活動を記録しません。例えば、AdGuard VPN は、ユーザーのプライバシーを確保するためにノーログポリシーを採用しています。
複数デバイスへの対応。VPNサービスに加入するのであれば、デスクトップ、モバイルを問わず、複数のデバイスで利用したいものです。VPNプロバイダーがApp StoreやGoogle Playにモバイルアプリを提供していることかどうかがポイントになります。
無料版の有無。接続の信頼性、十分な速度、セキュリティの強さを確認するために、VPNは購入する前に試してみたいものです。無料トライアルなどを提供しているプロバイダーを探しましょう。例えば、AdGuard VPN は毎月3GB使える無料版を提供しています。

AdGuard VPN のインストール方法

お使いのデバイスに AdGuard VPN アプリをダウンロードします。
アプリをインストールします。
ログインし、「接続する」を押します。これで完了です!
また、AdGuard VPN ブラウザ拡張機能をお使いのブラウザにインストールしたり、AdGuardアカウントで資格情報を生成してWi-FiルーターにAdGuard VPNを設定することもできます。

VPN、Tor、プロキシの比較

VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)以外にも、あなたのデバイスに別のIPアドレスがあるように見せかける方法があります。その目的に、Torやプロキシを使ってみることもできます。

VPNとTorの比較

VPNもTorも、第三者があなたのデータを解読するのを防ぐために暗号化を使用します。
TorはオープンソースのFirefoxベースのブラウザで、インターネット上の匿名性を実装しています。あなたのデータを暗号化されたパケットに分割し、ランダムなプロキシサーバーを経由して送信します。受信側はあなたのデータを解読して読み取りますが、その送信元を特定することはできません。
VPNは通常、より集中的なアプローチをとります。接続後、VPNはあなたのトラフィックをVPNプロバイダーが所有するサーバーに送ります。そのサーバーのIPアドレスによって、オンライン上の身元や行動を隠したり、地域制限や検閲を回避したりすることができるようになります。
Torは仕様上、日常的に使えるツールとは言い難いです。トラフィックの断片化と複数のネットワークホップは、接続速度と応答性を劇的に低下させます。そのためTorは通常、ダークネットへのアクセスなど、追跡されないようにする必要がある場合に使用されます。

VPNとプロキシの比較

プロキシとVPNの主な違いは、プロキシがアプリケーション層で動作するのに対し、VPNはトランスポート層で動作することです。この2つの技術は全く異なる方式で動作します。
プロキシサーバーは、特定のプロトコル(通常はHTTPまたはHTTPS)上で動作し、プロキシを使用するためにアプリケーションはそのプロトコルに対応している必要があります。一般的には、ブラウザやトレントクライアントがこれにあたります。通常、ユーザーはアプリ内でプロキシを手動でセットアップ(ログイン、パスワード、その他の認証情報をプロキシ設定に入力)する必要があります。
一方、VPNは、トラフィックを生成するアプリに対して透過的に、あらゆる種類のプロトコルとトラフィックを処理できます。例えば、SMTP、SSH、その他のアプリケーション固有のネットワーク・プロトコル(プロプライエタリなものを含む)などです。VPNは通常、デバイスごとにセットアップされます(ユーザーはデバイスにVPNアプリをインストールし、数クリックでトンネリングを有効にします)。
プロキシは一般的に、クライアントとサーバーの間に追加の暗号化を提供することはありません。したがって、プロキシは匿名性やセキュリティの追加レイヤーを提供するために使われるのではなく、例えばストリーミングやトレントのためにIPアドレスやクライアントの場所を変更するために使われます。
ただし、1つだけ例外があります。ブラウザの比較的新しい機能であるセキュア・ウェブ・プロキシ(Secure Web Proxy)は、クライアントとプロキシサーバの間に暗号化された接続を確立し、第三者からトラフィックを隠すためにも使用できます。これには特定のプロキシが対応していることが必要で、プロキシの他の欠点(アプリケーション層で動作、アプリで手動設定が必要)もすべて残ります。この技術は主にブラウザVPN拡張機能の一部として使用されることが多いです。
プロキシは、IPアドレスや実際の場所を隠すなど、あなたのニーズをある程度満たすことはできますが、それでもVPNと同じレベルのプライバシー、セキュリティ、匿名性を提供することはできません。
AdGuard VPN product video

よくあるご質問

  • VPNは、あなたの送受信トラフィックを暗号化するため、あなたがオンラインで行うことをすべて保護します。また、あなたのオンラインプライバシーを維持し、他人があなたのトラフィックやあなたの身元を盗み見るのを防ぎます。これがVPNの最大の利点であり、最近人気のプライバシー保護用ツールになりつつある主な理由です。
    VPNは、あなたとVPNプロバイダーとの間のトラフィックを監視しようとする第三者からあなたを守ります。適切に設定されたVPNは、あなたと同じWi-Fiにつながっている人でも、あなたのトラフィックを傍受したり解読したりするのを防ぎます。
    ただし欠点は、あなたがVPNを使用していることは傍受者に簡単に分かってしまうことです。しかし、その時あなたのIPアドレスはVPNサーバーのものと表示されるので、彼らはあなたの本当のIPアドレスや場所を追跡することはできません。彼らは、あなたのシステムにマルウェアをインストールしたり、あなたがフェイスブックやその他のSNSで情報をシェアしている可能性のある他のチャンネルを通じてあなたのことを把握しようとするなど、他の手段を試す可能性があります。
    あなたがVPNを使っているからといって、あなたの特定のオンライン活動を追跡しようとする人々を止めることは難しいです。例えば、VPNはおそらく「アノニマス」のようなハッカー集団を止めることはできないでしょう(彼らがたまたまあなたと同じローカルネットワーク上にいない限り)。しかしVPNは、クッキー・スタッファー、データ・コレクター、フィッシャーのような、より一般的なオンライン犯罪者からは十分守ってくれるます。
  • 経験豊富なハッカーや断固とした当局の人間であれば、他のソフトウェアと同じようにVPNをハッキングすることは理論的に可能性はあります。それ以外の99%のケースでは、何も心配する必要はありません。ただし、お使いのVPNに対して試みられる可能性があるのは以下のようなことです:
    doxing によって、あなたの匿名化が解除され、情報が公開される可能性があります。
    オンライン上であなたを特定できるのはIPアドレスだけではありません。SNSアカウントなどといった他の情報元からも知られることは少なくありません。
    誰かがお使いVPNプロバイダーをハッキングすれば、あなたのトラフィック内容と本当のIPアドレスを知ることができます。
    あなたの知らないうちに、あなたのデバイスに検出が難しいマルウェアをインストールされる可能性があります。マルウェアは、あなたの情報を攻撃者に送信します。
    VPNをハッキングするには、かなりのスキルと経験が必要です。VPNアプリの脆弱性を見つけて悪用したり、暗号化キーを解読したりするのは簡単なことではありません。つまり、安全で信頼できるVPNプロバイダーを選べば問題ありません。むしろVPNがなければ、より多くのオンライン上の危険にさらされることになります。
  • 理論的には、VPN を通過するトラフィックは、VPN サーバーの出口(サーバーと同じとは限らない)、あるいは出口から最終目的地までの途中で監視される可能性があります。通常、HTTPS のようなエンド・ツー・エンド暗号化を使用することが、この問題への対策になります。
    あなたのISP(インターネットプロバイダ)や、あなたからVPNサーバーまでの経路上にいる人は、あなたとVPNサーバーの間で何らかのトラフィックがやり取りされていることはわかりますが、そのトラフィックに何が含まれているかはわかりません。トラフィックのパターン自体は、もし誰かがそれを記録すれば、あなたとあなたの行動を結びつけるのに利用できるかもしれません。しかし現実的には、トラフィックそのものに近いものを解読することはできません。気になるようでしたら、ダウンロードやオンラインラジオを始めたりして、トラフィックのパターンにノイズを加え、解読をさらに困難にすることができます。
  • いいえ、そんなことはありません。現在、銀行のカード情報は暗号化されていて、安全なHTTPSプロトコルでのみ送信されます。そのため、銀行の機密情報を盗むには、デバイスを乗っ取られるか、フィッシングサイトにカード情報を自ら入力する必要があります。このどちらの場合には、VPNはもうあなたを守ることはできません。
  • 仮想プライベートネットワーク(VPN)は、地域制限されているウェブサイトへのアクセスを可能にし、ISP(インターネットプロバイダ)、政府、ハッカーなどから個人情報を隠してくれるオンラインプライバシーツールです。VPNは、外部の第三者に対して、あなたのIPアドレスと位置情報を変えてくれます。
  • VPNの使用は、日本を含みほとんどの国で合法です。VPNアクセスをブロックしている国もありますが、そういった場合でも必ずしも法律に違反しているわけではありません。例として、VPNの使用が違法となる2つのケースは以下の通りです:
    VPNが国の政府によって禁止されている場合
    VPN利用中に違法行為を行った場合
  • VPNサブスクリプションの価格は、VPNプロバイダーによって異なり、一般的に以下の特徴に基づいています:
    デバイスの数
    トラフィック量制限の有無
    サーバーロケーションの数
    契約期間
    VPNプロバイダーの中には、無料版を提供しているところもあります。多くの場合、無料版は接続速度と品質が低く、利用可能なサーバーの数も限られています。VPNプロバイダーは、このような試用版にかかるサーバーのメンテナンス、トラフィック、その他のコストを負担しているため、完全に無料でサービスを提供ことはできるできないことに留意してください。無料版VPNは、有料のサブスクリプションから得られる収益によって賄われる妥協の産物なのです。
  • はい、信頼できるVPNプロバイダーを選べば安全です。
  • 最大のリスクは、“ダメ”なVPNサービスを選んでしまうことです。多くのVPNプロバイダーはユーザーの行動を記録しています。このような場合、あなたの個人情報は脆弱になり、第三者の手に渡る可能性があります。
  • VPNは、ブロックされているインターネット・コンテンツへのアクセスを可能にし、あなたのオンライン・アイデンティティを隠してくれます。つまり、インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)があなたの閲覧履歴を見ることはできず、政府やハッカーがあなたのインターネット・トラフィックを追跡することもできません。
  • ほとんどのトラフィックは暗号化されたHTTPSプロトコルで送信されるため、VPNプロバイダーを含む第三者はあなたのデータにフルアクセスすることはできません。そのため、あなたのチャット内容、パスワード、銀行カード情報などは安全なはずです。
    しかし、ウェブサイトのドメイン名などのような一部のデータは暗号化されておらず、こういったデータは第三者に販売される可能性があります。信頼できるVPNプロバイダーなら、そのようなデータをログしたり、使用したりすることはありません。
  • 業界の要件に従って、銀行のウェブサイトやアプリケーションは、そのサーバーとの間でデータを転送するためにHTTPSプロトコルを使用し、たとえお使いのVPNプロバイダが侵害された場合でも、侵害者はあなたの機密データにアクセスすることはできません。
  • ほとんどの場合、できません。パスワードのほぼすべては暗号化され、HTTPSプロトコルで送信されるため、VPNプロバイダーからは見ることができません。
  • 管轄区域によっては、VPNプロバイダーは、あなたが訪問したウェブサイト、あなたのIPアドレス、あなたが接続しているサーバーのIPアドレスを記録することを法的に義務付けられている場合があります。しかし、オフショアの管轄区域や、キプロスやスイスのようなヨーロッパの一部の国で運営されているVPNプロバイダーは、そのような要件の対象ではないため、通常、あなたのインターネット活動を記録することは一切ありません。
    ログ記録の他に、メタデータのログ記録というものもあります。これは、VPNサービス・プロバイダーがユーザーにリースしたサーバー・アドレスとポートのログ記録です。このタイプのロギングは、ユーザーについて何も明らかにせず、サービスの不正使用を調査するためにしか使用できません。
  • ブロックできます。VPNの使用を禁止している国もあります。Hulu、Amazon、Netflix、BBCのようなグローバル・ストリーミング・サービスは、特定の国でライセンスされているコンテンツに対して罰金を課されたくないため、視聴者が制限を回避した場合にVPNサービスをブラックリストに載せる傾向があります。
    技術的には、VPNは複数の方法でブロックできます:
    VPNのドメイン名に対するDNSクエリをブロックする
    IPアドレスやポートアドレスによって、特定のVPNエンドポイントへの接続をブロックする。しかし、ブロックしたい相手と、そのVPNクライアントがどのように動作するかを正確に把握する必要がある。
    VPNサービスのIPアドレスの数には限りがあり、ほとんどのVPNサーバーはIPv4プロトコルを使用しているため、ユニークなIPアドレスを生成することが難しく、その結果、多くの加入者が同じIPアドレスを数ヶ月あるいはそれ以上にわたって使用することになる。VPNをブラックリストに載せているウェブサイトは、特別なオンライン・サービスを利用して、複数の異なるユーザーによって使用されているIPアドレスをブロックしている。
    すべてのトラフィックをパスワードで保護されたHTTPプロキシ経由にさせる。これは、Windowsのアップデートなどの他のものもブロックしてしまうため、迷惑である。
    最後の手段として、DNSパケットの中にVPNトラフィックをカプセル化することが可能であるため、DNSを含む他のすべてのトラフィックをブロックするという方法がある。この時点で、接続速度は、ストリーミングやVOIPが利用できなくなるため、一般的なビジネス・ユーザーにとってはかなり迷惑で、ホーム・ユーザーにとっては常識外れと言える。
    一般的なインターネットユーザーをブロックしようとする必要性、時間、リソースがあるのは、よほどの企業か政府機関だけです。つまり、ほとんどの場合、心配は必要ございません。
  • お使いのVPNの設定によります。通常は、トラフィックはすべてトンネリングされます。AdGuard VPN など一部のVPNアプリでは、特定のネットワークやドメインへのトラフィックのみをトンネリングし、特定のウェブサイトやアプリ、IPアドレスをVPNから除外しておくすることができます。
  • 無料プランの場合、VPNプロバイダーは通常、通信速度とトラフィック量を制限しています。有料VPNユーザーの場合、普通は、速度やトラフィックの上限はありませんが、接続できるデバイス数に制限があることが多いです。
  • VPNがデータを暗号化する際、デバイスのプロセッサを使用するため、暗号化の実装が不十分だとバッテリーの消耗が早くなります。最近のモバイル・デバイスは、ARMv8 Cryptography Extensionsのような特殊なCPU命令や、ChaCha-Poly1305 のようなモバイル・デバイス用に設計された計算コストの低い暗号化アルゴリズムを使ってデータを暗号化します。VPNアプリの開発者は、ソフトウェアを開発する際にこれらの方法を考慮する必要があります。AdGuard VPN では、エネルギー効率を重視し、モバイルアプリが高度に最適化され、可能な限り電力を消費しないようにしています。

サーバーロケーション

アプリの総合評価: 4.7/5

9000以上のアプリレビューをいただいております!ユーザーの皆様にご満足いただけることが一番嬉しいです。

9,332 9332件のユーザーレビュー
素晴らしい
  • ychiba

    スター4は、たまに広告が制御出来ないことがあるためです。

  • 吉本昭夫

    あまり変わらないです

  • 浅野

    ブラックフライデーで60%offと思って、支払いを進めていくと、4000円オーバー?1ドル124円?と思ったが、領収書では、113円だったので、結果良し。購入すすめる前に何処かにかいてあったのかな?

  • 桜夜

    こんな有能拡張機能使ってない人まじで損してる!!!
    本当に使いやすいし回線速度もめちゃくちゃ早い!!!
    田舎なのにこんな繋がりやすいVPN始めてみました!!!
    一回だけでもサブスクしてみてはどうでしょうか?値段もどのVPNよりも安いですよ!
    Windowsソフト版も楽しみに待っています!!!

  • たていす

    bit slow access from japan.

  • Doltz Magokoro

    最近Youツベの言論統制がyaba谷園すぎ。Adguardシリーズに助けられてます。パスワード面倒だからGoogle認証でVPNつかってたけど、流石に串通す時はGoogleさんのクッキー許容できないのでパスワード再設定しました。

AdGuard VPN
for Windows

どんなブラウザやアプリを使っても、もう匿名性について心配することはありません。AdGuard VPNを使えば、世界中への“どこでもドア”が開きます。
詳細
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Mac

たった2回のクリックで65+ヶ所以上の世界中ロケーションのいずれに接続でき、あなたの個人情報は企業や政府の詮索から安全に隠されます。
詳細
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for iOS

どこへでも持ち歩ける、最強のオンライン保護。AdGuard VPNを使用すると、お気に入りの映画や番組を楽しみながら、公共Wi-Fiでも個人情報が安全に!
詳細
App Store
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Android

どこにいてもAdGuard VPNでオンライン匿名性を保てます!数十カ所のロケーション、高速で安定性抜群の接続、すべてがポケットの中に。
詳細
Google Play
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Chrome

位置情報を隠して世界のあらゆる場所に“移動”し、制限なく世界中のコンテンツにアクセスし、ウェブ上で匿名になることができます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Edge

ワンクリックで別の場所に移動したり、IPアドレスを隠したり、安全で匿名にウェブを閲覧したりできます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Firefox

プライバシー保護、居場所の隠蔽、VPNが必要なWebサイトと不要なWebサイトの設定などが可能です。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Opera

Operaブラウザで世界のどこにでも素早くアクセスして、個人情報を守れます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
AdGuard VPN
ダウンロードが開始しました
インストールを開始するには、矢印が指すボタンをクリックしてください。
QRコードをスキャンしますとモバイル端末にAdGuard VPNをインストールできます。