メニュー
メニュー
ホーム
日本語
AdGuard VPN ブログ SSTPとは?SSTP VPNプロトコルの仕組みなどを解説

SSTPとは?SSTP VPNプロトコルの仕組みなどを解説

お使いのインターネットプロバイダー
あなた
訪問したいウェブサイト
AdGuard VPN

SSTP(セキュア・ソケット・トンネリング・プロトコル)は、VPN接続を構成するためにMicrosoftが開発したトンネリングプロトコルです。

SSTPとは、SSLとTLSプロトコルを使用してトラフィックを暗号化することで、インターネット上のデータ伝送を保護し、接続の信頼性と安全性を高めるものです。

SSTP VPNプロトコルを使用できる場面・用途は以下の通りです:

企業ネットワーク

  • データ転送のプライバシーとセキュリティを維持しながら、従業員が世界中どこからでも企業ネットワークに接続できるようにする

  • ファイルサーバー、アプリケーション、Eメールなどの社内リソースへの安全なリモートアクセスを提供

リモートワーク

  • リモートワークの増加に伴い、SSTPとVPNは、ワークリソースへのセキュアなリモートアクセスを提供する重要なツールとなっています。

ブロッキングや検閲の回避

  • インターネット上の地域制限や検閲を回避し、ブロックされたサイトやサービスへのアクセスを可能にします。

個人情報の保護

  • カフェや空港のフリーWi-Fiなど、安全でないネットワークを使用する際に個人情報を保護します。

ホームリソースへのリモートアクセス

  • 個人のクラウドストレージやプライベートネットワークデバイスなど、ホームネットワークリソースへの安全なアクセスを提供します。

電気通信とIT

  • 電気通信およびITインフラストラクチャにおいて、場所、サーバー、データ間の安全な接続を提供するために使用されています。

SSTPの歴史

SSTPプロトコルはMicrosoftによって開発され、2007年のWindows Vista Service Pack 1オペレーティングシステムで初めて導入された。
SSTPは、PPTPやL2TP/IPsecのような以前のソリューションよりも信頼性が高く、安全なVPN接続を提供するために作られた。
SSTPの登場は、特にデータ・セキュリティが重要な企業部門において、より近代的で安全なVPN接続技術へのニーズに応えるものでした。

それ以来、SSTPプロトコルはいくつかの開発段階を経てきました:

2007年 初期リリース

Windows Vista SP1で導入されたSSTPにより、WindowsユーザーはセキュアなVPN接続を作成できるようになった。

2008年 サポート拡大

Windows 7とそれに続くWindowsオペレーティングシステムのリリースにより、SSTPのサポートはより包括的になり、プロトコルのパフォーマンスとセキュリティレベルは向上した。

他のオペレーティングシステムでのサポート

その後、オープンソースのLinuxやmacOSなど、他のオペレーティングシステムでもSSTPの実装が登場し、SSTP VPNプロトコルがより広く利用できるようになりました。

セキュリティとパフォーマンスの改善

最新のSSL/TLSプロトコルのサポートや、より効率的なセッション管理などが改善された。

今日、SSTPは、Microsoftオペレーティングシステムとの統合と、 SSL/TLS暗号化によって提供される高レベルのセキュリティにより、 特にWindows環境において、関連性があり、広く使用されているVPNプロトコルであり続けている。
しかし、OpenVPN や WireGuard などの他のプロトコルの出現と普及により、ユーザーや組織は安全な VPN 接続のための新たな選択肢を手に入れた。
これらの新しいプロトコルは、SSTPよりも柔軟性や性能が高いと考える人もいる。

そのようなわけで、SSTPは特に企業環境やWindowsユーザーにとって、安全なVPN接続を作成するための不可欠なツールであり続けています。

SSTP VPNの基本機能

ルートプッシュ(route push)

他のVPNプロトコルと同様に、SSTPのルートプッシュ機能により、 VPNサーバーはクライアントのルーティングテーブルを内部ネットワークに アクセスするために必要なルートで自動的に更新する。
これにより、クライアント側の設定が簡略化され、トラフィックが VPN トンネルを通して正しくルーティングされるようになる。

TCP および UDP のサポート

他のいくつかのVPNプロトコルと異なり、SSTPは主にTCPを使用してトンネリングする。TCPはUDPを使用するプロトコルに比べて効率が悪いかもしれないが、 セキュリティとデータの完全性にとって重要な信頼性の高い接続を提供する。

DNS サーバープッシュ(DNS server push)

この機能により、VPN サーバーは内部ネットワーク上の名前解決のための DNS サーバーに関する情報をクライアントに自動的に提供することができます。
また、クライアント側の DNS 設定を簡略化し、正しい名前解決を保証します。

LDAP/RADIUS 統合

SSTPはLDAPおよびRADIUSと統合して、ユーザー認証を一元化できる。
これにより、アカウントとセキュリティポリシーの一元管理が可能になり、 ネットワーク管理とセキュリティが向上する。

暗号アルゴリズム

SSTPはSSL/TLSによって提供される暗号化アルゴリズムを使用して、機密性とデータの完全性を保証する。
信頼性の高い暗号アルゴリズムは、VPN接続のデータを不正アクセスやハッキングから保護するための基礎となる。

これらの機能を組み合わせることで、安全で信頼性が高く、管理しやすいVPN接続を提供することができます。

SSTPプロトコルの企業向け使用

SSTPプロトコルは、企業リソースへの安全で信頼性の高いリモートアクセスを提供する。
グローバルな組織で、リモートワークの必要性が高まるなか、安全な VPN 接続は、業務の維持と企業情報の保護に不可欠である。

SSTP VPNプロトコルの使用例

企業ネットワークへのリモートアクセス

出張やリモートワークの従業員は、SSTP を使用してファイルサーバー、アプリケーション、社内サイトなどの社内リソースに安全にアクセスすることができます。

支店や部門間の接続

複数の支店や部門を持つ企業は、SSTP プロトコルを使用して、データ交換やネットワーク相互運用のためにネットワーク間で安全なトンネルを作成できます。

クラウドサービスとの通信の保護

企業のデータがクラウドストレージにホストされている場合、SSTP VPN は企業ネットワークとクラウドサービス間の安全な接続を提供することができます。

企業ネットワークでの使用のメリット・デメリット

メリット

  • セキュリティ
    SSTPは強力な暗号化と認証を提供し、高いデータセキュリティを実現する。

  • マイクロソフト製品との統合
    マイクロソフトのオペレーティングシステムや製品との緊密な統合により、 マイクロソフトの技術をベースにした企業ネットワークにとって便利なソリューションとなる。

  • ブロッキングとフィルタリングの克服
    SSTPは、セキュアなWebトラフィック(HTTPS)にも使用されるTCPポート 443を使用することで、ネットワークレベルのブロッキングを簡単に克服できます。

デメリット

  • パフォーマンス
    SSTPで使用されるTCPは、UDPを使用するプロトコルに比べて、 特に遅延やパケットロスが大きいネットワーク上では効率が悪いことがある。

  • プラットフォームのサポートが制限されている
    他のVPNプロトコルと異なり、SSTPはすべてのプラットフォームやデバイスでサポートされているとは限らないため、プライベートネットワークで問題になり可能性もあります。

  • マイクロソフト依存
    Microsoft製品に依存したくない企業にとって、SSTPは他のオープンVPN標準よりも魅力的な選択肢ではないかもしれない。

  • セキュリティ
    SSTPのコードは公開されたり検証されたことがないため、脆弱性の可能性に関してある程度の懸念があります。

SSTPプロトコルの一般ユーザーにとってのメリットは?

安全なインターネットアクセス

SSTPは、ユーザーのデバイスとVPNサーバーの間に暗号化されたポイントツーポイントトンネルを作成するために使用することができ、カフェ、ホテル、空港のようなオープンまたは非セキュアなネットワーク上で安全なインターネットブラウジングを可能にします。

ブロッキングや検閲の回避

ユーザーが特定のサイトやサービスが制限またはブロックされている国やネットワークにいる場合、SSTPはブロックされたリソースへのアクセスを提供することで、これらの制限を回避するのに役立ちます。

ホームネットワークへの安全なリモートアクセス

ユーザーが他の場所からホームネットワークに安全に接続したい場合、SSTP は個人ファイル、メディア、スマートホーム制御などのホームリソースへの安全な接続を作成するのに役立ちます。

匿名インターネットアクセス

SSTPは、ユーザーの実際のIPアドレスを隠し、インターネットトラフィックを暗号化することで、インターネット上の匿名性を提供することができます。

安全なオンライン取引

オンラインで買い物をするユーザーにとって、SSTPは財務情報や個人データを保護するための追加レベルのセキュリティを提供することができます。

クラウドサービスへの安全なアクセス

ユーザがクラウドでホストされているデータやサービスを持っている場合、SSTP はデバイスとクラウドサービス間の安全な接続を提供し、起こりうる脅威から データを保護することができる。

個人ユーザーにとってのメリット・デメリット

個人ユーザーにとってのSSTPのメリット

  • セキュリティとプライバシー
    SSTPプロトコルは高レベルの暗号化と認証を提供する。

  • セットアップの容易さ
    SSTPをサポートするプラットフォームでは、セットアップ は通常簡単で、追加のソフトウェアも必要ない。そのため、VPN接続のセットアップに技術的な知識を必要としないユーザーも利用しやすい。

  • 信頼性
    SSTPはTCPプロトコルを使用することで信頼性の高い接続を提供し、 データの完全性と配信を保証します。

個人ユーザーにとってのSSTPのデメリット

  • パフォーマンス
    SSTPはより高速なUDPではなくTCPを使用するため、特に遅延やパケットロスの大きい ネットワークではパフォーマンスが低下する可能性がある。

  • プラットフォームのサポートが限られている
    SSTPは主にWindowsオペレーティングシステムに組み込まれているため、 他のプラットフォームではサポートが制限されることがある。

  • サードパーティへの依存
    SSTPを使用するためには、ユーザーはVPNプロバイダーに頼らなけれ ばならず、コスト、プライバシー、サードパーティ・サービスへの依存 に関する懸念が生じる可能性がある。

  • 問題の追跡が難しい
    接続に問題が発生した場合、SSTP VPNプロトコルは技術的に複雑であるため、ユーザーが独自に問題を特定し、修正することは困難である。

  • セキュリティ
    SSTPのコードは公開されたり検証されたことがないため、脆弱性の可能性に関してある程度の懸念があります。

ブロッキングに対するSSTPプロトコルの耐性

SSTP(セキュア・ソケット・トンネリング・プロトコル)は、以下のいくつかの理由から、ブロッキングへの対サウかなり強いと考えられています:

ポート443の使用

SSTPは、伝統的に安全なWebトラフィック(HTTPS)に使用されてきた TCPポート443でSSL上のトラフィックを送信する。
ほとんどのファイアウォールはSSL用に外部TCPポート443を開い ており、SSTP VPNプロトコルがそれらを通過することを許可している。

SSL暗号化

SSTPは通常のHTTPSトラフィックと同様に、SSL (Secure Sockets Layer)プロトコルを使用してデータを暗号化する。
このため、SSTPトラフィックを識別したりブロックしたりするのは難しい。

ただし、SSTPには弱点もあります:

  • プロトコル検出

暗号化されているにもかかわらず、特殊なDPI(Deep Packet Inspection)デバイスは、SSTPトラフィックの特性を検出してブロックできることがある。

  • マイクロソフトへの依存

SSTP VPNはマイクロソフト製品と密接に結びついているため、 代替技術が使われている環境や、マイクロソフト製品に厳しい 制約がある環境では、ブロッキングに対する抵抗力が弱くなるかも しれません。

一般的に、SSTPはポート443とSSL暗号化を使用しているため、ブロッキングにはかなり強いです。しかし、より制限の厳しい、または管理されたネットワーク環境では、 完全に検知されないわけではない。

家庭用ルータでのSSTPプロトコルの適用性と利用可能性

家庭用ルーターでSSTPを利用できるかどうかは、特定のルーターモデル とメーカーに大きく依存する。以下は、家庭用ルーターでのSSTPの可用性に影響するいくつかの重要な側面である:

ルーターのメーカー

特にビジネスセグメントまたは技術的に高度なユーザーを対象としたもの。

カスタムファームウェア

DD-WRTやTomatoなどのカスタムファームウェアは、ネイティブでSSTPをサポートしていないルーターにSSTPサポートを追加することができます。しかし、カスタムファームウェアのインストールは技術的に複雑で、一定の知識が必要です。

外部VPNプロバイダー

一部のVPNプロバイダーは、アプリやウェブインターフェースを介して、家庭用ルーターにSSTPを設定するための簡単なソリューションを提供しています。ルーター自体がこのプロトコルをネイティブにサポートしていなくても、SSTPへのアクセスを提供することができます。

クラウド VPN サービス

クラウドVPNサービスは、ホームルーターに適用できるSSTP設定を提供することがあります。これは、SSTPを簡単に実装する方法を探している人のためのオプションです。

テクニカルサポート

お使いのルーターがSSTPをサポートしているかどうか、またその設定方法については、ルーターメーカーのテクニカルサポートにお問い合わせください。

SSTP VPNプロトコルは、OpenVPNやIPsecのような一般的なVPNプロトコルに比べて、家庭用ルーターではあまり普及していないかもしれません。SSTPへのアクセスが重要な場合は、ルーターの仕様やドキュメントをチェックするか、メーカーに問い合わせてください。

SSTP VPN をサーバに導入する方法

セキュア・ソケット・トンネリング・プロトコルをサーバーに導入するには、 いくつかのステップがあり、特定のハードウェアとソフトウェアが必要です。

インストールと設定の手順

VPN サーバーのインストール

リモートアクセスの役割(VPN および DirectAccess)を持つ Windows Server など、SSTP をサポートするサーバーソフトウェアをインストールすることから始めます。

SSL証明書の設定

SSTPは認証と暗号化のためにSSL証明書を必要とします。信頼できる認証局(CA)から SSL 証明書を取得してインストールするか、独自の自己署名証明書を作成します。

SSTPポートリスニング設定

SSTPが使用するTCPポート443で着信接続をリッスンするようにサーバーが構成されて いることを確認します。

ルーティングとリモートアクセスの設定

ネットワークインフラストラクチャーの要件に合わせて、ルーティングとリモートアクセ スルールを設定します。

テスト

クライアントコンピュータまたはデバイスを使用して VPN 接続をテストし、すべてが正しく設定されていることを確認します。

ハードウェアとソフトウェアの要件

  • サーバー
    VPNトラフィックを処理するのに十分なリソース(CPU、メモリ、ネットワーク帯域幅)を備えた信頼性の高いサーバーが必要です。
  • オペレーティングシステム
    リモート・アクセス・ロールを持つMicrosoft Windows Server、またはSSTPをサポートする同様のソフトウェア。
  • ネットワーク機器
    VPNトラフィックを処理し、必要なプロトコルとポートをサポートする適切なネットワーク機器を用意する必要があります。

セキュリティ機能と推奨事項

SSL 証明書

セキュリティ向上のため、信頼できる認証局からのSSL証明書を使用し、自己署名証明書の使用は可能な限り避ける。

強力な認証

多要素認証(MFA)などの強力な認証メカニズムを導入して、ネットワークへの VPN アクセスのセキュリティを向上させる。

セキュリティポリシー

アクセス制御やネットワークトラフィックの監視など、VPN 経由でリソースにアクセスするための厳格なセキュリティポリシーを策定し、実施する。

アップデートとパッチ

サーバーおよびネットワーク機器を定期的に更新し、すべてのシステムコンポーネントを既知の脆弱性から保護する。

監視とロギング

異常なアクティビティを追跡し、セキュリティインシデントを検出するために、監視とロギ ングのレベルを設定します。

クライアント上の設定の特徴

クライアント側での SSTP VPNプロトコルの設定は、プラットフォームによって多少異なるかもしれない。ただし、基本的な手順は同様である。以下は、デスクトップとモバイルのオペレーティング・システムで SSTP を設定する一般的な手順である:

デスクトップデバイスでの設定方法

Windows

  1. [コントロールパネル → ネットワークとインターネット → ネットワークと共有センター] を開きます。
  2. 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択します。
  3. 「デスクトップ接続」を選択し、接続作成ウィザードに従ってください。
  4. サーバーアドレスと接続認証情報を入力します。
  5. 接続のプロパティで、SSTPプロトコルが選択されていることを確認します。

macOS および Linux

  • これらのOSでは、ネイティブのSSTPサポートが利用できないため、サードパーティのソフトウェアが必要になる場合があります。
  • SSTP接続のインストールと設定には、SSTP-clientなどのプログラムを使用できます。

モバイルデバイスでの設定方法

Android

  • バージョンやデバイスの製造元によっては、SSTPをサポートするためにSSTP VPN Clientなどのサードパーティ製アプリが必要になる場合があります。
  • アプリをインストール後、画面の指示に従ってサーバーへのVPN接続を設定します。

iOS

  • Androidと同様に、SSTPをサポートするためにサードパーティ製のアプリが必要な場合があります。
  • App Storeからお好みのアプリをダウンロードしてインストールし、画面の指示に従ってVPN接続を設定してください。

どのプラットフォームでもSSTPをセットアップする際は、必要な認証情報とサーバー情報(サーバーアドレス、ユーザー名、パスワードなど)がすべて揃っていることを確認してください。また、安全な接続を確保するために、サーバーが有効なSSL証明書を持っていることを確認してください。

SSTP VPNの標準と性能

SSTPの性能はハードウェアやネットワーク構成など、さまざまな要因に よって変化する。以下は、さまざまなシナリオにおけるSSTPパフォーマンスの分析である。

CPU リソースに基づくパフォーマンス

シングルコアの SSTP パフォーマンス(メガビット/秒)は、ハードウェアと 特定のネットワーク構成によって大きく異なる可能性がある。ただし、より強力なプロセッサコアとより高いクロック速度があれば、 SSTPのパフォーマンスは向上する。

SSTPと他のVPNプロトコルの比較

  • OpenVPN
    OpenVPNはSSTPと同じように動作するが、一般により柔軟に設定でき、 より多くのオペレーティングシステムをネイティブにサポートしている。

  • IPsec/L2TP
    IPsec/L2TPは一般的に高いパフォーマンスを提供し、特にハードウェアアクセラレーションによる暗号化を使用している場合、構成によってはSSTPよりも速くなることがある。

  • PPTP
    PPTPは暗号化が弱いために高いパフォーマンスを提供することがあり、SSTPよりも安全性が低い。

  • WireGuard
    WireGuardは高いパフォーマンスとシンプルさで知られ、一般的に速度と設定のしやすさにおいてSSTPより優れている。

SSTP VPNのパフォーマンスを最適化するための推奨事項

ハードウェアアクセラレーション

ハードウェアでサポートされている場合は、ハードウェア暗号化アクセラレーションを使用して SSTP VPN プロトコルのパフォーマンスを向上させることが可能です。

ネットワークの最適化

ボトルネックを解消し、ルーティングを改善します。

正しいサーバー構成

サーバーを正しく設定し、VPN トラフィックを処理するのに十分なリソースがあることを確認します。

パフォーマンスの監視と分析

SSTP VPN のパフォーマンスを定期的に監視・分析し、潜在的な問題を特定して解決します。

ハードウェアとソフトウェアのアップデート

最高のパフォーマンスとセキュリティを実現するために、ハードウェアとソフトウェアを常に最新の状態に保ちましょう。

結論

SSTPは、特にWindows環境において、安全なVPN接続を構築するための信頼性が高く、 実績のあるソリューションです。
SSTP VPNプロトコルは優れた暗号化を提供し、サポートされているプラットフォーム上では比較的簡単に設定できる。
しかし、SSTPを使用する場合、WireGuardのような他の最新のVPNプロトコルと比較して、速度やプラットフォームサポートの制限に遭遇する可能性があります。

この記事を気に入っていただけましたか?
コメントをダウンロードされますとプライバシーポリシーに同意したことになります。

AdGuard VPN
for Windows

どんなブラウザやアプリを使っても、もう匿名性について心配することはありません。AdGuard VPNを使えば、世界中への“どこでもドア”が開きます。
詳細
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Mac

たった2回のクリックで65+ヶ所以上の世界中ロケーションのいずれに接続でき、あなたの個人情報は企業や政府の詮索から安全に隠されます。
詳細
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for iOS

どこへでも持ち歩ける、最強のオンライン保護。AdGuard VPNを使用すると、お気に入りの映画や番組を楽しみながら、公共Wi-Fiでも個人情報が安全に!
詳細
App Store
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Android

どこにいてもAdGuard VPNでオンライン匿名性を保てます!数十カ所のロケーション、高速で安定性抜群の接続、すべてがポケットの中に。
詳細
Google Play
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Chrome

位置情報を隠して世界のあらゆる場所に“移動”し、制限なく世界中のコンテンツにアクセスし、ウェブ上で匿名になることができます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Edge

ワンクリックで別の場所に移動したり、IPアドレスを隠したり、安全で匿名にウェブを閲覧したりできます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Firefox

プライバシー保護、居場所の隠蔽、VPNが必要なWebサイトと不要なWebサイトの設定などが可能です。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Opera

Operaブラウザで世界のどこにでも素早くアクセスして、個人情報を守れます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
AdGuard VPN
ダウンロードが開始しました
インストールを開始するには、矢印が指すボタンをクリックしてください。
QRコードをスキャンしますとモバイル端末にAdGuard VPNをインストールできます。