メニュー
メニュー
ホーム
日本語

VPNは違法か?合法か?【VPN規制徹底ガイド】

VPNサービスを使う前に、何か問題につながるのではないかと考えるユーザーもいます。
VPNは違法なのだろうか?
接続のセキュリティとプライバシーを保護するために作られた便利なツールが、どうして一部の国家にとって目障りなものになってしまったのだろうか?

この記事では、特定の国や一般的に、VPNの合法性について説明します。

免責事項: この記事は公開時の状態を反映しており、本記事をご覧になっている時点では情報が古くなっている可能性があります。

VPNを合法に使用するオプション

もともとVPNは、大企業の従業員に企業ネットワークへの安全な接続を提供するという目的のために作られました。
しかし、VPNが「主流」になると、他にも多くの合法的な用途が出てきました。

VPNは、次のような目的で使用されるようになりました:

インターネットを安全にする
VPNに接続すると、ユーザーは自分のネットワーク・トラフィックを第三者に傍受されないように保護することができます。VPNは、ユーザーの個人情報も保護します。公衆無線LAN(フリーWiFiなど)でインターネットにアクセスする場合でも、パスワードやクレジットカードなどの個人情報や使用しているデバイス情報を盗み見されることがありません。

オンラインプライバシーを保護する
VPNは、データを暗号化し、IPアドレスをマスクするので、VPNユーザーのオンライン活動を追跡することが不可能になります。どのサイトもあなたが誰であるか、あなたがサイトを見つけた方法と、あなたが探していたものを見れなくなり、匿名性を保つことができます。

本当の位置情報を隠す
このVPN機能は、実際の地理的位置に対応する広告を回避し、動画配信サービスの地理的アクセス制限を回避して映画、テレビ番組、ポッドキャストを見るために使用できます。

VPNを使用すると、さらに多くの非明示的な利点もあります。
それらについては、この記事で詳しくご覧いただけます。
例えば、海外通販、航空券の購入、ホテルの予約でお金を節約したい場合、VPNを使用することができます。

AdGuard VPN

Ninja

AdGuard VPNは、VPNサービスの世界における本物のジェームズ・ボンドです。あなたのコンピュータや携帯電話に信頼できるVPNサービスをダウンロードすることを決めたら、AdGuard VPNを選んでください。キルスイッチ、自動保護、スプリットトンネリングなど、自尊心のあるVPNの機能に加えて、AdGuard VPNはユニークなものを提供しています。

独自開発のVPNプロトコル
この開発により、スピードとセキュリティの間の妥協点を探す必要はありません。AdGuard VPN プロトコルは、高い接続速度と信頼性の高い保護を提供します。また、通常のトラフィックを装うので、追跡やブロックが非常に困難です。

AdGuard Ad Blockerとの互換性
ほとんどの場合、2つのVPNベースのアプリはモバイルデバイス上で一緒に動作させることができません。Android と iOS の両方が、それを許さない特定のシステム制限を持っています。しかし、AdGuard 製品のユーザーには、スマートフォンでデュアル保護を有効にするユニークな機会があります。

除外リス機能ト
ユーザーは、除外されたウェブサイトを除くすべての場所で AdGuard VPN をオンにするように設定することができます。またはその逆で、AdGuard VPNは除外に追加されたウェブサイト上でのみオンにすることができます。

QUICプロトコル対応
例えば、モバイルインターネットや公共のWi-Fiネットワークを使用する場合など、理想的でない条件下でも信頼できる接続を得ることができます。

なぜVPNをめぐる法的論争があるのでしょうか?

なぜ、これほど便利なVPNが、両義的な評価を受けているのでしょうか?第一に、VPN を利用して、詐欺や過激派などの違法行為を密かに行う個人もいます。次に、一部の政府は、検閲を回避しようとする試みを阻止するために、自国内でのVPNを制限または禁止しています。そして、それに応じて、違反者を罰金や実刑で罰している。

VPNが禁止されている国とは?

VPNに関しては、世界は3つの部分に分けられます: VPNを自由に制限なく使用できる国(FBIも使用を推奨している)、VPNの使用が違法ではないものの、何らかの制限がある国、そしてVPNの使用が違法である国です。

しかし、仮想プライベートネットワークの使用に問題がない国でも、犯罪者がVPNを使用したかどうかにかかわらず、詐欺行為は常に処罰の対象となります。

VPNが禁止または制限されている国のリスト

北朝鮮

当然のことながら、リストのトップは北朝鮮です。北朝鮮政府は VPN の使用を禁止し、現地の「無菌」インターネットである光明へのアクセスを管理しています。つまり、「北朝鮮ではVPNは違法か」という質問に対する答えは、「イエス」なのです。

中国

VPN サービスは、主に国際的なビジネス協力における中国の重要性から、中国で合法的に運営されています。しかし、同国政府は、一般ユーザーのVPNへのアクセスを制限するためにあらゆる手段を講じており、中国のグレート・ファイアウォールを乗り越えることはできない。

中国は、AppleのApp StoreにすべてのVPNアプリケーションを削除させ、Google Play、およびすべてのGoogleサービスを完全にブロックしています。さらに、中国でのVPNサービスはすべて国家ライセンスを取得しなければならず、これは国家の要請に応じてユーザーの個人情報を収集し、提供することを意味する。

中国でVPNを使用することは、濁った水域でフリーダイビングをするようなものです。自己責任で行ってください。海外のウェブサイトにアクセスするために「無許可」のVPNを使用した中国人に、中国当局が罰金と懲戒処分を下したという報告があります。外国人に罰金を科したケースは知られていない
言うなれば、実際に刑務所に服役しているわけですが。

トルクメニスタン

トルクメニスタンは、インターネット上のすべての市民の行動をコントロールしたいという願望において、北朝鮮や中国に遅れをとっていません。ほとんどのソーシャルネットワークとメッセンジャーをブロックしているのに加え、トルクメニスタン当局はすべてのVPNを禁止しています。

ベラルーシ

ベラルーシでは、2015年以降、VPNサービスとTor Browserが違法とされています。しかし、ベラルーシ人はまだそれらを使用することができます:現在までのところ、法律はブロックされたリソースにアクセスするための任意の罰を提供していません。しかし、VPNとプロキシサーバーの所有者は、法律の非遵守に責任があり、ブロックされる可能性があります。

ロシア

ロシアでは、状況はベラルーシと同様です。VPN、Tor、アノニマイザーによるサイトブロッキングの回避を禁止する法律が、2017年に施行された。その違反の責任はユーザーではなく、規制に従わず、ブロックされたウェブサイトへのアクセスを提供するサービスにある。

トルコ

トルコ政府はテロとの戦いを口実に、2016年からVPNサービスやTorネットワークを取り締まっている。最も有名なVPNプロバイダーのいくつかは、同国内で禁止されています。とはいえ、トルコでVPNを使用することは違法ではありません。

イラク

イラクでVPNは合法か?イラクにおけるVPNの合法性ステータスは否定的です。中国や北朝鮮の当局とは異なり、イラク政府は技術的な手段が限られており、インターネット全体を検閲することはできません。しかし、特定のアプリケーションやウェブサイトをブロックし、VPNユーザーを逮捕して罰することはできる。

イラン

イラン国民は、特定のウェブサイトにアクセスしようとすると、定期的に困難に直面します。これは、ウェブサイトのポリシーとイランの法律の結果として生じるものです。しかし、非常に多くのイランのインターネットユーザーがVPNを使用しています。イランでVPNを使うことが合法かどうか、その結果はどうなるかは不明だ。これらの質問に対する明確な答えは見つかりませんでしたので、ご自身で調査を行い、この記事を読んだ時点で有効な関連法を勉強する必要があるかもしれません。

UAE

この国の道徳的価値観に反するコンテンツは、厳しくブロックされます。そして、もしユーザーがその禁止を破り、VPNを使ってブラックリストのサイトにアクセスしようとして捕まった場合、高額な金銭的罰金に直面することになります。アラブ首長国連邦では、VPNは違法ではありません。とはいえ、ドバイやアブダビで閲覧する際はご注意ください。

オマーン

オマーンは一般的に、ユーザー通信の一部として情報を暗号化することを禁止しています。当然、VPNサービスもオマーンの領土内では禁止されています。ただし、こちらはそれほど明確なものではありません。VPNは、オマーンの電気通信規制機関(TRA)によって承認された機関または組織で使用することができます。

エジプト

UAEと同様、エジプトも「不道徳な」コンテンツと戦っています。政府は、ビデオ通話やVoIPアプリケーションなど、特定のアプリケーションをブロックしています。VPN サービスは違法ではありませんが、エジプトでの運用にはいくつかの制限があります。

ウガンダ

ウガンダは、ユニークなケースです。ここでは、VPNが政府から嫌われたのは、政治的な理由ではなく、経済的な理由である。この国の住民は、ソーシャルネットワークの使用にかかる国税を払わないために、VPNに接続するようになったのだ。その結果、政府はインターネットサービスプロバイダにVPNユーザーをブロックするよう指示した。

結論として

AdGuardでは、インターネットは検閲や監視のない空間であるべきだと考えています。すべてのユーザーには、プライバシーを守る権利があります。AdGuard VPNは、あなたの個人情報と第三者の目との間の安全な壁となるべく作られました。あなたの実際の位置、コンピュータ情報、そして閲覧履歴は、あなただけのものです。AdGuardでさえ、あなたがウェブ上で何をしたかを見ることはできません。私たちは、厳格なノー・ログ・ポリシーを採用しています。つまり、お客様のデータを収集したり、共有したりすることは一切ありません。

国家レベルの検閲が行われている国にお住まいの方は、キルスイッチ機能を有効にすることを強くお勧めします。これは、あなたのデバイスがVPNサーバーへの接続を失うことがあった場合、インターネット接続を終了させるものです。こうして、あなたのネットサーフィンに関する情報が悪の手に落ちることはなくなるのです。

私たちは、VPNをウェブ上でのプライバシーを保護するための優れたツールであると考えています。しかし、違法行為にVPNを使用することには、強く反対します。VPNがあなたの国でブロックされているかどうかに関わらず、詐欺やデータ盗難は常に犯罪となります。

FAQ

TorはVPNですか?

いいえ、TorネットワークはVPNではありません。VPNとTorは多くの共通点がありますが、その目的は異なるものです。
どちらもインターネット接続を暗号化しますが、Torはボランティアが運営するランダムなサーバー群を経由し、VPNはユーザーが選択した別の場所にある中間サーバーを経由して接続します。
簡単に言えば、Torはあなたが誰であるかを隠し、VPNはあなたが何をしているかを隠すのです。

VPNを使うのは安全ですか?

誰かがシステムをハッキングして、VPNサービスで収集した個人データを盗む危険性があります。
VPNを安全に使用したい場合は、AdGuard VPNのような信頼性の高いサービスを選択してください。
私たちはキプロスの法律に従い、厳格なノーログポリシーで活動し、あなたのデータを収集することはありません。

また、VPNを使用して禁止されているウェブサイトにアクセスした場合、起訴されたりペナルティを受けたりする恐れがあります。
例えば、2017年には、ある中国人がVPNを使用して違法なポルノサイトを閲覧したとして、155米ドル強の罰金を科されたことがあります。
安全を確保するために、海外に行く前に必ずその国でVPNの使用が許可されているかどうかを明確にしましょう。立ち入りが禁止されているブロックサイトがあるかどうかを確認する。

VPNは検知されますか?

はい、ISPもあなたが訪問するウェブサイトも、誰かがVPNを使用しているかどうかを検出する技術的な能力を持っています。しかし、ISPは、あなたがVPNを使用していることを検出した場合でも、あなたのデータへのアクセスを取得し、プライバシーを侵害することができないでしょう。

同時に、あなたのトラフィックを偽装し、そのような検出を回避する方法は数多くあります。多くのVPNプロバイダーは、自社製品にそれらを採用しています。

VPNを利用すると、ISPに追跡される可能性はありますか?

技術的な観点からは、インターネットユーザーがVPNを利用しているかどうかを判断するのは、かなり些細な作業です。必要であれば、ISPや検閲当局が簡単に行うことができます。

しかし、違反とならない国(ほとんどの国がそうです)でVPNを使用している限り、何の危険もないでしょう。

VPNはIP禁止を避けることができますか?

VPNを使用しているときにウェブサイトがあなたのIPを禁止したい場合、あなたのIPではなくVPNサービスのIPが禁止されます。そのため、サイトに再びアクセスするには、VPN サービスから別の IP を取得するまで再接続を続けるか、別のサーバーロケーションを選択してみる必要があります。

ストリーミング中にVPNを使用する必要がありますか?

上記の通り、本書の時点では、ストリーミング目的でVPNを使用したことで罰金を科されたVPNプロバイダーやユーザーはいない。VPNを使用してストリームを視聴すると、いくつかの利点があります:それはバッファリングの問題を解決し、ジオブロックされたコンテンツを閲覧することができます。しかし、ストリーミングに関連するVPNの法的地位は、前例が発生するといつでも変わる可能性があり、常にリスクがあることを認識する必要がある。

NetflixにVPNを使うのは違法か?

Netflixや他のストリーミングサービスは、VPNプロバイダーと激しく戦っています。彼らはしばしば、VPNを使用していると疑われる人物のストリーミングコンテンツへのアクセスを制限しています。現在、多くの著作権所有者が、VPNプロバイダーに対して米国で訴訟を起こしています。彼らの主張によれば、VPNサービスは、著作権を侵害するためのツールをユーザーに提供するものだという。

コンテンツプロバイダの観点からは、コンテンツは通常、特定の国や国々で消費されるようライセンスされていることが示唆されます。あるプラットフォームでは、「あなたの国ではこのコンテンツは利用できません」というメッセージを見たことがあるかもしれません。コンテンツ・プロバイダーによると、VPN を使って別の地域にいながらそのコンテンツにアクセスすることは、ライセンス条項に違反するとのことです。

要約すると、この記事を書いている時点では、ストリーミング・コンテンツの視聴に関して、ユーザーまたはVPNプロバイダーのいずれかが責任を問われたケースは把握していません。しかし、これはいつでも変わる可能性があります。

なぜNetflixはVPNをブロックしたのでしょうか?

Netflixは、地域コンテンツ協定に基づき、世界中のユーザーに映画やテレビ番組の様々なライブラリへのアクセスを提供しています。ストリーミングプロバイダーは、これらの制限を回避することを望んでいません。そのため、NetflixはVPNサービスと本当の戦争を繰り広げており、違反者のIPアドレスは容赦なくブロックされています。

VPNはどこでも合法なのでしょうか?

一言で言えば、「いいえ」です。VPNサービスやそのユーザーが自由で安全だと感じる国もあります。米国、カナダ、ヨーロッパの民主主義国家のほとんどがそうです。しかし残念ながら、VPNの利用を禁止している国もあります。

VPNが違法なのはどの国ですか?

中国、北朝鮮、トルクメニスタン、ベラルーシ、ロシア、エジプト、オマーンなどでは、VPNは違法であるか、部分的に制限されています。

日本でVPNは違法ですか?

日本でのVPNの使用は合法となっておりますので、問題ございません。

ロシアではVPNは違法ですか?

ロシアでVPNを使用することは禁止されていませんが、一定の制限があります。そして、それらを回避しようとする試みに対して、RoskomnadzorはVPNサービスをブロックする権利を持っています。これは、すでにHola! VPN、ExpressVPN、KeepSolid VPN Unlimited、Nord VPN、Speedify VPN、IPVanish VPNがロシアの法律に違反していることが判明しています。

ドイツではVPNは違法ですか?

ドイツではVPNは完全に合法です。現在、同国には VPN の使用を禁止する法律は存在しません。つまり、法的な影響を心配することなく、VPNを使用することができます。

私たちが知る限り、多くのドイツ国民がtorrentingのためにVPNを使用することが多いようです。これは、ドイツが、いわゆる「コピーレフト」コンテンツをダウンロードすると、それに従事する人々にとって多額の罰金や訴訟につながる国として知られているためです。

中国ではVPNは違法ですか?

中国には、VPNを禁止する法律はありません。しかし、中国政府は、一般市民のVPNへのアクセスを制限することに関心を持っています。

インドではVPNは違法ですか?

インドでのVPN利用は、ブロックされたウェブサイトへのアクセスを得るなど、違法な目的で利用を開始しない限り、合法と見なされます。VPNの利用を制限する構想もありましたが、少なくとも2023年まで延期されました。状況はまだかなり不安定なので、インドでVPNを使用する前に、よく調べてください。

イタリアではVPNは合法ですか?

イタリアでは、VPNの作業と使用に関連する制限的な法律はありません。そのため、その使用は完全に合法です。

ウェブサイトを見ただけで、刑務所に入れられるのですか?

その答えは、ウェブサイトの内容によって異なります。VPNの使用は何の関係もありません。例えば、児童ポルノのダウンロードは犯罪であり、VPNを使用していなくても起訴される可能性があります。

この記事を気に入っていただけましたか?

AdGuard VPN
for Windows

どんなブラウザやアプリを使っても、もう匿名性について心配することはありません。AdGuard VPNを使えば、世界中への“どこでもドア”が開きます。
詳細
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Mac

たった2回のクリックで70+ヶ所以上の世界中ロケーションのいずれに接続でき、あなたの個人情報は企業や政府の詮索から安全に隠されます。
詳細
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for iOS

どこへでも持ち歩ける、最強のオンライン保護。AdGuard VPNを使用すると、お気に入りの映画や番組を楽しみながら、公共Wi-Fiでも個人情報が安全に!
詳細
App Store
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Android

どこにいてもAdGuard VPNでオンライン匿名性を保てます!数十カ所のロケーション、高速で安定性抜群の接続、すべてがポケットの中に。
詳細
Google Play
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
ダウンロード
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Chrome

位置情報を隠して世界のあらゆる場所に“移動”し、制限なく世界中のコンテンツにアクセスし、ウェブ上で匿名になることができます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Edge

ワンクリックで別の場所に移動したり、IPアドレスを隠したり、安全で匿名にウェブを閲覧したりできます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Firefox

プライバシー保護、居場所の隠蔽、VPNが必要なWebサイトと不要なWebサイトの設定などが可能です。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。

AdGuard VPN
for Opera

Operaブラウザで世界のどこにでも素早くアクセスして、個人情報を守れます。
詳細
インストール
アプリをダウンロードされますと、使用許諾契約書に同意したことになります。
AdGuard VPN
ダウンロードが開始しました
インストールを開始するには、矢印が指すボタンをクリックしてください。
QRコードをスキャンしますとモバイル端末にAdGuard VPNをインストールできます。