メニュー
日本語
AdGuard VPN 公式ブログ 【AdGuard VPN for Windows v1.1】QUIC対応, アプリ除外がより使いやすく

【AdGuard VPN for Windows v1.1】QUIC対応, アプリ除外がより使いやすく

長い紹介文を飛ばして、本題に入りたく思っております。
私たちは AdGuard VPN for Windows v1.1 をリリースできて大変嬉しいです。
アプリケーションに干渉するバグを修正し、不具合の原因を特定し、VPNクライアントをアップデートするのに数ヶ月かかりました。
AdGuard VPN for Windows v1.1 は、より安定した動作といくつかの重要な改善点により、お客様に喜んでいただければ幸いです。

迅速で安定した接続

これは他社VPNプロバイダーではあまり例のないことですが、QUICに対応いたしました。

QUICとは、一般的なTCPと比較して、より高速で暗号化された最先端のネットワークプロトコルです。

QUICの仕組みは?
短くまとめますが、TCPですと、データのパケットは一括して送信されます。
結果として、1つのパケットバッチが失われると、残りのバッチは待機することになってしまいます(下図参照)。

そこで、QUICを導入することで、データを順番に並べることなく処理することができます。

ユーザーにとってのメリットは?
モバイルインターネットや公共Wi-Fiなど、万全ではない状況下のおいて、QUICのおかげでより安定した接続になるのです。

もっと詳しく知りたい方は、ぜひQUICプロトコルに関するAdGuardブログ記事をご覧ください。

VPN対象外アプリがより使いやすく

除外したいアプリを検索して対象外リストに追加する機能を「設定」メニューですぐにアクセスできるようにして、より簡単にできるようになりました。
以前のバージョンでは、トンネリングからアプリを除外するためには、高度なユーザーでなければならず、アプリへのパスを選択する必要があり、面倒で時間がかかるものでした。
今回のバージョンアップで、より使いやすくなりました。

【VPNに接続したくないアプリを設定する方法】

「設定」→「Split Tunneling」を選択してください。

アプリを追加する」を押します。

リストからアプリを選びます。
(「参照」ボタンを押して、ファイルパスでアプリを追加することも可能です。)

これで完了です。
VPN対象外リストにアプリが追加されました。
VPN対象外リストに追加されたアプリに対してAdGuard VPNはオフになります。


AdGuard VPN for Windowsの詳細情報およびダウンロードについては、AdGuard VPNウェブサイトをご覧ください。

私たちは、AdGuard VPN v1.1 for Windowsをリリースし、ちょっとしたマジックをかけることができて本当に嬉しいです。
私たちの感動を共有し、新バージョンの使用をお楽しみください。

筆/訳: Valery Yanovsky タグ: AdGuard VPN 新バージョン リリースノート
コメントをダウンロードされますとプライバシーポリシーに同意したことになります。
AdGuard VPN
ダウンロードが開始しました
インストールを開始するには、矢印が指すボタンをクリックしてください。